家は賃貸と購入どっちがお得?

中古マンション

中古マンションは、新築に比べて圧倒的に安く、
すぐに入居できるというメリットがあります。

 

また、実物を見て判断できるという点でも魅力的です。

 

ただし、中古マンションは、リフォームが必要な場合も多く、
新築に比べ、メンテナンス費用が多くかかる可能性も高いです。

 

中古マンションを購入する際は、
マンションごとに策定されている管理規約を確認してください。

 

管理規約でリフォームの部位が制限されていることがあります。

 

管理規約は、管理会社、或いは管理組合で定められた管理者に確認します。

 

また、マンションは、建物の劣化を最小限に抑え、
資産価値を保つためにマンション全体の外壁塗装、
防水工事などを同時に行なう大規模な修繕工事が
築10〜20年の間に初回、その後も定期的に行なわれます。

 

中古マンションを購入するのであれば、
購入時期は、この大規模修繕が終わった頃が狙い目であるといえるでしょう。

 

鉄製部の塗装は、4〜6年ごとが修繕の目安になっています。

 

出費は避けられませんが、そのほかは5〜20年ごとになっているので、
修繕積立金で予算がまかなわれているかを確認し、
購入を検討、決定するようにしてください。

 

また、中古物件を購入するときには、事前に調査を行なうのが鉄則です。

 

売主がなぜ売りたいのか、なぜ売ったのかを確認しましょう。

 

建物が気に入っても、部屋が気に入っても、
近隣住人とのトラブルが原因であるというケースがあります。

 

極端に神経質な人が住んでいたり、
住民全体の中が悪いなど、住みにくい環境であることも少なくありません。

 

特に中古マンションに引越しをするときは、
ある程度人間関係ができているところに引っ越していくことになるので、
注意が必要です。

マンションの修繕時期の目安

外壁(外壁の塗装): 10〜15年

 

屋上・バルコニー・廊下・階段(防水の改善): 10〜15年

 

鉄部(鉄製部の塗装): 4〜6年

 

給排水管(給排水管の取替え): 25〜30年

 

エレベーター(エレベーターの取替え): 30年

 

照明器具(屋外共有灯の取替え): 15年

 

照明器具(屋内共有灯の取替え): 20年

 

 

*上記は、目安です。中古マンションの購入に適しているのは、
外壁の改善、屋上、バルコニー、廊下、階段の防水の改善を行なう
大規模修繕が終わった時期です。