家は賃貸と購入どっちがお得?

中古住宅を手に入れるには

家を手に入れるとき、中古住宅を選択するのも一つの方法です。

 

中古住宅といっても、一戸建てもありますし、マンションもあります。

中古住宅の魅力

中古住宅は、なんといっても低価格だというところに魅力があります。

 

どのような住宅も、築1年後から価格が下がり始めます。

 

木造であれば、築20年を過ぎると査定価格がゼロになる物件もあります。

 

その場合、購入には土地代があればOKですが、
その後、家のリフォーム代が大きくかかってくるでしょう。

 

中古住宅では、既にあるものを購入するので、
実物を見て納得してから購入を決定できるという魅力もあります。

 

また、価格が決まっているので、
予算とつき合わせて検討することもできます。

 

趣のある古い建物に最新の設備を入れて、
自分が好きなようにリフォームして暮らすというのも素敵ではないでしょうか。

 

さて、中古物件の価格は、
中古物件は、財団法人不動産流通近代化センターというところが
価格査定マニュアルを策定し、
殆どの業者がこのマニュアルをベースに決定しています。

中古物件を購入する際の注意点

中古物件を購入する際は、いくら建物が気に入っても、
設備や条件の確認を怠ることはできません。

 

昭和56年施行の新耐震基準に満たない物件であれば、
耐震補強工事が必要ですし、建築基準法の改正前に建てられた物件では、
現行の法律では建て替えや増改築に制限が設けられているものもあります。

 

住むことはできても、建て替えができない物件があることを
覚えておきましょう。
このような物件は、各自治体の建築指導課などで確認することができます。

 

各自治体の建築指導課では、売主がその住宅を手放した理由、
建築の履歴、近隣環境の問題なども一緒に確認しておくと安心です。

プロの診断が必要

とはいっても、中古物件でかなり家が古い場合は、
素人では分からない部分が多いです。

 

リフォームも内部の設備や設計の変更だけでは済まず、
基礎工事が必要だったりします。

 

ですから、プロである専門家に、
外壁や基礎、水周り、ドア等を確認してもらい、
購入を検討し、決断することが必要です。

 

プロの診断で基礎や構造に問題がなければ、
内装や設備を変更する予算だけ、つまり、低予算で
住宅を手に入れることができます。