家は賃貸と購入どっちがお得?

新築マンションは不便が多い?

マンションの最大のメリットは、「鍵一本で戸締りができる」
ということではないでしょうか。

 

特に、最近のマンションは、低層階であっても、
優れた防犯性を誇る物件が多くなっています。

 

さらに、マンションには「画一的な住空間」というイメージがつき物ですが、
間取りについても自由度や機能性が求められる昨今は、
その要望についても十分に聞き入れてくれる物件が多くなっています。

 

購入者の希望で設備が選べたり、
オプションプランで自由にデザインできる物件を探せば、
マンションでもこだわりの間取りを実現することができるでしょう。

 

また、駅近など、立地条件の良い物件を探すとき、
一戸建てを選ぶのとマンションを選ぶのとでは、
予算面でマンションのほうが安く購入しやすいです。

 

管理費の支払い義務はありますが、
パブリックスペースは管理会社が基本的に掃除などを請け負ってくれますし、
一戸建てのような広さを求めないのであれば、
マンションのほうが手軽に住むことができます。

 

高層階マンションでは、眺望がとても素敵です。

 

眺めの良い空間での暮らしに魅力を感じることができるのも
マンションの魅力の一つです。

マンションは生活の自由度が低い?

マンション等の集合住宅では、
何事も自分達だけで決めることはできません。

 

たとえば、どのような建物であっても老朽化に伴い、
建て替えの時期を迎えます。

 

しかし、その建て替えについても自由に決めることはできず、
区分所有法に基づいて、
区分所有者と決議権の5分の4以上の賛成を得ることが必要です。

 

家族が増えても、当然、増築することは不可能です。

 

また、建物の傷みに対しては、
修繕費の積み立て、管理費など、
毎月決まった出費が月々のローン返済のほかに別途必要です。

 

さらに、上下左右の住民との間で、
騒音等のトラブルには気をつけなければなりませんし、
バルコニーやベランダだけで庭がなく、不自由を感じる人もいるでしょう。

 

そして、高層階に住む人は、停電時にエレベーターが止まってしまうなど、
時に不便を強いられます。
停電になれば、マンション全体の水道が使えなくなる可能性もあります。

 

マンションは、防犯性は優れていますが、
こういった不便さがあるのも事実です。