家は賃貸と購入どっちがお得?

注文住宅と自己責任

注文住宅の最大の魅力は、
自由に住まいをデザインすることができるということです。

 

注文住宅は、自分が暮らしやすいように、
家族の意見等も反映させながら、全てを決めることができます。

 

家作りをするときには、トータルの雰囲気、デザイン、設計、
設備、建材、工法に至るまで、
建てたい家のイメージに合ったものを選びながら、
その上で家族にとって、住む人にとって
最高に居心地の良い空間を作っていきます。

 

あれこれ夢を膨らませながら計画をする段階が、
最も楽しい時間なのかもしれません。

 

しかし、着工後も、
家が次第にできていく家庭を楽しむことができます。

 

地鎮祭や上棟式など、
住宅を建てるときならではの伝統的な祭事も経験しましょう。

 

建築の工程を基礎から見ることができるというのは、
なかなかできることではありません。

 

ぜひ、作業工程をよく確認しておき、
その後の暮らしの安全につなげてください。

自己責任の問題

注文住宅には、色々な魅力があり、メリットがあります。

 

しかし、全くゼロから作るため、
住みやすいかどうかが確実に分かるのは、
全てが完成し、実際に住んでみるまでは分かりません。

 

勿論、設計等はプロの目からアドバイスをしてもらえます。

 

ですが、基本的に家は、建て主の要望を最大限に生かす形で設計され、
作られていきます。

 

住み心地や使い勝手の面で不都合が生じた場合は、
全て建て主の責任です。

 

たとえば、「日当たりの良い家にしたい」と言う要望を出し、
窓を多めにすると、背の高い家具の配置に困る
というような問題が出てきます。

 

満足度の高い家を建てるためには、
建て主自身の細かな配慮が必要です。

予算の問題

予算には限りがあります。

 

全ての要望が予算内で叶えられればそれに越したことはありませんが、
資金を潤沢に用意できない場合も出てくると思います。

 

一生に一度のことだからと無理をしてしまうと、
結局ローンの金額がかさみ、返済のリスクが大きく発生することになります。

 

最初に立てた予算内で家を建てなければ、
後々の生活が圧迫されるでしょう。

 

また、長い間住み続ければ、家は当然傷みます。

 

修繕の資金繰り、スケジュール管理も自分達で考えることが必要です。

 

注文住宅を建てる際は、
自由度に比例した自己責任が必要です。