家は賃貸と購入どっちがお得?

賃貸と購入、どっちが暮らしやすいか?

たとえば、夫婦で仕事重視の生活を送りたいと考えているのであれば、
住まいは、都市の中心部にしたほうが便利です。

 

そして、その場合は家を購入するのは
あまり現実的ではありません。

 

仕事で転勤が多い場合も、家を購入しようという決断には
なかなか結びつきません。

 

・賃貸

 

このようなライフスタイルであれば、賃貸が適しているといえるでしょう。

 

賃貸には、要望や状況に応じて、
気軽に住まいを替えることができるという魅力があります。

 

家族の増減に応じて、物件を選んだり、
新しい設備を利用するために住み替えるなど、
賃貸には、そのような楽しみもあります。

 

ですが、引越しをするときには、引越し代でさまざまな諸費用がかかりますし、
引越し先によっては家具が合わなかったり、入らなかったりして
家具の買い替えが必要になることもあります。

 

また、賃貸に住み続けるのであれば、
老後の住まいについても考えておく必要があります。

 

家を購入した場合は、ローンを払い終えれば住宅への出費は終わります。

 

ですが、賃貸の場合は、老後も同じ程度の支出があります。

 

老後の住居のための貯蓄も必要になってきますから、
将来を見越し、十分な貯蓄をする計画も必要です。

 

・購入

 

自分の家を持ちたい、子育ての環境を整えたい、
家族にとって住みやすい家を作りたい・・・
自分の家を購入する目的は色々あります。

 

家は、家族にとって大切な財産になります。

 

子ども時代の記憶に、家の思い出が強く結びつく人も多いと思います。

 

子どもが成長するにつれて、家に対する愛着は増すものです。

 

また、家をオーダーメイドで、自由に設計することにより、
家族が望むこだわりを反省させることができるという魅力もあります。

 

家族間の考え方の違いや、予算に限りがあるなど、
全てを思い通りにすることは難しいかもしれません。

 

ですが、思い出が詰まった家には、
自然と愛着が生まれ、子どもにとても良い思い出が残っていきます。

 

さて、家を購入するということは、
住む場所が一箇所に固定するということになります。

 

そうすると、必然的に近隣との付き合いが発生しますし、
ご近所付き合いも大切にしていくことが必要になります。

 

ただし、一度近隣でトラブルを起こせば、
その場所に住みづらくなってしまうというデメリットもあります。

 

また、自分の人生にも責任感が必要です。