家は賃貸と購入どっちがお得?

家は賃貸と購入どっちがお得?

住まいの問題を考える際、
「賃貸で暮らすか」、或いは「自分の家を購入するか」を、
考えることが必要です。

賃貸と購入、どっちが安い?

賃貸を選べば、死ぬまで家賃を払い続けることが必要です。
ですから、老後まで住まいの問題に悩まされなければなりません。

 

しかし「購入」すれば、老後まで住まいの問題に悩まされることはありません。
ただ、長期に渡る住宅ローンを抱えることになります。

 

住まいを考えるとき、賃貸にするか、購入にするかは、
人生を左右する大切な決断です。

 

では、賃貸にする場合と購入にする場合、
お金の面では、どちらがお得なのでしょうか。

 

賃貸か購入かを考えたとき、
大まかにお金の計算をしてみると、
違いが出るのはローン返済後であることが分かります。

 

・購入の場合

 

購入の場合は、はじめに何百万円かの諸経費がかかります。

 

また、建物の修繕費やリフォーム費用がかかります。

 

・賃貸の場合

 

賃貸の場合は、一定の期間ごとに更新料がかかります。

 

引越しの際には、引越しに伴う敷金、礼金、仲介料など、
引越し費用がかかります。

 

 

このように、購入の場合と賃貸の場合では、
お金のかかり方が異なってきますが、
購入し、ローンが返済された後では差が出てきます。

 

購入の場合、ローン返済が終われば支出がストップします。

 

購入と賃貸、どちらが有利なのかは一概にいうことはできませんから、
単純に支出の総額で判断するのではなく、
住まいに何を求めるのかと言う視点からも検討することが必要です。

 

将来一緒に住む家族、将来の暮らし方など
話し合いをし、よく考えて決断することが大切です。